認定の手続きも

交通事故で怪我をした場合、示談交渉もしていかなければいけません。機能障害が出てしまっているときには、特にしっかりとした交渉をしなければ、後々にも影響してしまうことになります。認定の段階でも、さまざまな手続きが必要になって…

可動域と障害

下肢の機能障害の中で、著しい障害とは、かなり重い状態を指しています。関節の可動範囲が小さくなったり、動かなくなったりしている状態で、その重さや範囲によって機能に障害を残すものと分類分けされているのがポイントです。可動域が…