可動域と障害

下肢の機能障害の中で、著しい障害とは、かなり重い状態を指しています。関節の可動範囲が小さくなったり、動かなくなったりしている状態で、その重さや範囲によって機能に障害を残すものと分類分けされているのがポイントです。可動域が…